2013年10月24日

「ムリだっていうのはいつだって チャレンジしてない奴よね」

スラムダンク最終話から10日後という設定で、

続編が書かれたのをご存知だろうか?

廃校の黒板に書かれた、短い話ではあるが、

これもやはり素晴らしい!



その黒板漫画の終わり間際に、リハビリ中の桜木と、

トレーナーの先生が登場する。

トレーナーは言う。

「知ってる?桜木君 日本人初のNBA選手がうまれたって」

「ほとんどの人が 日本人にはムリって思ったらしいわ」

「だけど…ムリだっていうのはいつだって チャレンジしてない奴よね」



これは、心に響くセリフだ。

やらずにムリと言うのは簡単だ。だから皆ムリだと言う。

でも、成し遂げるのはチャレンジしている人しかいない。

チャレンジしている人は、ムリかどうかはやってみないとわからない、

そういう発想なのだろう。



何かに対して「ムリだ」と思ったときには、

自分がちゃんと「チャレンジ」しているのか

再度考えるようにしたい。



該当頁:あれから10日後 終盤



posted by ANZAI at 07:43| Comment(1) | TrackBack(0) | トレーナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ふっる
Posted by at 2013年10月30日 01:25
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。